糞袋生活

木曜日だが、離婚には戸籍謄本が必要な様で出したり記入はなく無事生きてます。

ただどうしても聴きたかったのでお金を請求されてるワケを聴いた。

伺わうと会社の先輩に相談したらしく、仕事終わり深夜にも関わらず話を聴いてくれたらしい。

そして
『何もとらずに別れるなんて旦那様にもよくない!』
等と言われたらしい。

とんでも理論に驚きこれしか覚えてないが、どれもこれもイマイチ納得しかねる内容だったと記憶している。


そして解ったのは
『お金を請求するのは、慰謝料としてではなく引越しということにだけかかってる』
『むしろこの額なのは結婚生活に満足していたから』
と言っていた。

良かった、結婚生活、彼女を大事にしていた気持ちは届いていてんだ、と思い…心は晴れやかに


なる訳ない。
よく解らんが彼女の中で筋は通っているらしい、という事だけ確認した。

もう何でもいい、早く時間が過ぎてくれ

そう思い眠りについた。



そこから数日間、相も変わらず糞袋生活。

記憶はあまりないのに日数は過ぎてる。


これから田中くん達に会うが…ちょっと怖い。
次が池袋駅だ。いってきます。